FPによる生命保険見直しナビ
 〜生命保険を見直して家計に潤いを!プロによる生命保険解説サイト〜


メールマガジン(無料)

大数の法則と収支相等の原則とは?


 生命保険の保険料は、「大数の法則」と「収支相等の原則」に基づき算定されます。


 大数の法則とは、ある事象を多く集めることで、大数でみると一定の法則が見出せるということをいいます。例えばサイコロですが、何回も振る事で、次第に1〜6の目の出る回数が均等になっていきますよね。これが大数の法則であり、これは人の生死についても当てはまります。


 収支相等の原則とは、生命保険は加入者間の相互扶助の仕組みであるため、収入と支出は等しくなるように保険料を計算するという法則のことです。ここでの収入とは、契約者全体が払い込む保険料の総額であり、支出とは支払われる保険金の総額を指します。



 → FPへの生命保険見直し無料相談






生命保険の基礎知識へ戻る

トップページへ戻る



↑メルマガもあります!登録・解除はいつでも全て無料。ご登録頂ければ生命保険に関するお得な情報がメールでも届きます。
※メルマガには一部広告掲載があります。
※まぐまぐ以外で登録したい方はこちら
メニュー
生命保険を見直すワケ
生命保険の基礎知識
生命保険の種類
自分に合った生命保険商品を選ぶには?
生命保険の見直し方
生命保険の見直し相談
生命保険の一括資料請求(無料)
生命保険会社一覧
生命保険に関するニュース

運営者情報

お問い合わせ(メール)はこちらから(お名前のないメールには対応いたしかねます)
リンク集・相互リンク依頼についてはコチラ
Copyright(C)2006- 「FPによる生命保険見直しナビ」 All rights reserved
運営:FP事務所ライフタクティクス
当サイトの利用規約サイトマップ