FPによる生命保険見直しナビ
 〜生命保険を見直して家計に潤いを!プロによる生命保険解説サイト〜


メールマガジン(無料)

近年の医療保険の特徴


●生活習慣病の保障に手厚くなってきた


 最近は「メタボ」という言葉が流行ってますが、医療保険でも生活習慣病に関する保障に力を入れているものが多くなってきました。


 例えば、通常では病気やケガで入院した場合には1入院当たりの保険金支払限度日数が「60日」というものが、生活習慣病による入院の場合にはその日数が「120日」となったりします。


 生活習慣病とは以下の”5大生活習慣病”のことを主に指しますが、


1.がん
2.心疾患
3.脳血管疾患
4.糖尿病
5.高血圧疾患


これらの病気であると診断された場合にも、「診断給付金」として保険金がもらえるものもあります。


 また、普通の病気やケガでの保障が抑えられている分、保険料が通常よりも軽減されているというメリットもあります。


●病気でも入れるものが多くなってきた


 医療保険というものは基本的に「健康」でなければ加入できません。


 しかし最近では、健康状態に問題や不安のある方でも加入できるものが増えてきております。


 例えば、糖尿病などの病気で通院中の方などでも、通常の保険よりも簡易な告知・診査のみで加入できるという医療保険が多くあります。



 これらは「引受基準緩和型」や「限定告知型」などと呼ばれております。


 ただし、これらは一般の医療保険よりかは保険料が割高になっておりますのでよく確認しておく必要があります。



●日帰り入院にも対応しているものが多くなってきた


 通常、医療保険がカバーするものには「入院」「通院」といったものがありますが、最近ではこれらのどれでもない「日帰り入院」にも対応した保険が増えてきました。


 日帰り入院とはその名のとおり、朝入院して夜には退院するといったものです。


 基本的に多いのは、「1泊2日からカバー」という医療保険です。


 このような医療保険が出てきた背景には、医療制度改革により平均在院日数が短期化傾向となったという理由もあります。


 いずれにしても、医療保険に入る場合には「いつから保険で対応してくれるのか」という点についてもよく見ておいて下さい。


 なお、日帰り入院といっても入院には変わりありませんので、医師の診断書等の提出は必須となりますのでご注意を。



 これらのような特色については、保険のパンフレットには必ず書かれてありますので色々と比較してみましょう。


 → 生命保険を色々と比較したい方はこちらから




生命保険の種類へ戻る

トップページへ戻る


↑メルマガもあります!登録・解除はいつでも全て無料。ご登録頂ければ生命保険に関するお得な情報がメールでも届きます。
※メルマガには一部広告掲載があります。
※まぐまぐ以外で登録したい方はこちら
メニュー
生命保険を見直すワケ
生命保険の基礎知識
生命保険の種類
自分に合った生命保険商品を選ぶには?
生命保険の見直し方
生命保険の見直し相談
生命保険の一括資料請求(無料)
生命保険会社一覧
生命保険に関するニュース

運営者情報

お問い合わせ(メール)はこちらから(お名前のないメールには対応いたしかねます)
リンク集・相互リンク依頼についてはコチラ
Copyright(C)2006- 「FPによる生命保険見直しナビ」 All rights reserved
運営:FP事務所ライフタクティクス
当サイトの利用規約サイトマップ